メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 観光・産業 > 観光 > 古賀政男記念館・生家 > 古賀政男と大川市

古賀政男と大川市

更新日:2015年03月27日

古賀政男プロフィール

作曲家「古賀政男」

 昭和の歌謡界を代表する作曲家古賀政男は、明治37年11月18日福岡県三潴郡田口村三 丸(現在の大川市)に生まれました。
大正12年、明治大学在学中に明治大学マンドリン倶楽部を創設。「影を慕いて」を作曲 し、昭和6年コロムビアレコードより発売以来、50年の作曲活動、歌手の育成など歌謡界 の発展に尽力されました。
  「影を慕いて」、「酒は泪か溜息か」をはじめ、「東京ラプソディー」、「丘を越えて」など 数え上げればきりがないほどのヒット曲。昭和53年7月に永眠するまでに生涯作曲された 曲は、3,000曲とも4,000曲ともいわれています。   
  日本人の心の琴線をかき鳴らす「古賀メロディー」は、哀愁を帯びた趣の中にも悲しみ や寂しさを乗り越えて明日に向かって生きていく人間の強さや逞しさを描いているようで す。「歌は世につれ、世は歌につれ」と言われるように「古賀メロディー」は、昭和の時代 を映しこんだ鏡であるとともに、人生の悲喜交々を歌い上げたそのメロディーは、時代を 越えて歌い継がれていくことでしょう。

国民栄誉賞

古賀政男プロフィール

  • 明治37年11月18日  
    福岡県三瀦郡田口村三丸(現在の大川市)で父・喜太郎、母・セツの五男として誕生。
  • 明治44年4月
    田口尋常小学校入学。
  • 大正元年8月 (7才)
    母、姉、弟と供に仁川に住む長兄を頼りに朝鮮へ渡る。  同時に仁川公立尋常高等小学校へ。 
  • 大正12年3月 (18才)
    上京、同年4月明大予科入学。直ちにマンドリン倶楽部を創設。
  • 昭和3年11月 (24才)
    第13回明大マンドリン倶楽部演奏会にて処女作「影を慕いて」(佐藤千夜子ー特別 出演)を発表、好評を博す。
  • 昭和6年3月 (26才)
    日本コロムビアレコードと契約。同年9月に「酒は涙か溜息か」、11月「丘を越えて」を発表。
  • 昭和13年11月 (33才)
    外務省音楽親善使節として渡米、一年間にわたりハワイ、南北アメリカを視察旅行。
  • 昭和23年 (43才)
    「三百六十五夜」「湯の町エレジー」を発表、空前の大ヒットとなる。
  • 昭和35年12月 (56才)
    日本レコード大賞作曲賞受賞(白い小指の歌 島倉千代子唄)
  • 昭和40年12月 (60才)
    日本レコード大賞受賞(柔 美空ひばり唄)
  • 昭和50年 (70才)
    勲三等瑞宝章受賞
  • 昭和53年7月25日 (73才)
    永眠(享年73才) 同日、従四位に叙せられ銀杯を下賜される。同じく国民栄誉賞受賞。同日明大より名誉博士号を贈られる。  同年9月、故郷・大川市より名誉市民の称号を受ける。

このページに関する問い合わせ先

インテリア課 おおかわセールス係
直通電話:0944-85-5570
ファクス番号:0944-88-1776(代表)

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等を聞かせください。

役に立った、見づらいなどの具体的な理由を記入してください。
寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。
なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。