メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 教育委員会 > 生涯学習 > 旧吉原家住宅 > 旧吉原家住宅とは

旧吉原家住宅とは

更新日:2015年03月30日

旧吉原家住宅旧吉原家住宅は、柳川藩小保町の別当職を代々務め、後には蒲池組の大庄屋となった吉原家の居宅です。主屋は、式台玄関の蟇股(かえるまた)に文政八年(1825)の墨書が残っており、当主吉原三郎左衛門三運により修築されたと考えられ、藩の公用に利用されました。天保年間(1830年から1844年)に幕府から遣わされた巡見使の宿泊のために、御成門の新造や納戸回りの改造を行っています。

旧吉原家住宅は、大規模で細部の意匠に優れ、建築年代も確実であることから、九州でも特に重要な民家として、平成11年、国指定重要文化財に指定されました。

注:別当職:町の行政的支配者 
注:蒲池組:柳川藩の村落の行政区分(約10村程度で構成)
注:蟇股:梁などの横架材上の部材。蛙が脚を開いたような形をしている。




施設見取り図

施設見取り図


建物の概要

旧吉原家住宅は、基本的には農家の整型四間間取り系ですが、大庄屋にふさわしく最大規模に発展した間取りです。表側に接待用の玄関・南角座敷を並べ、北側に居住用の部屋を設けることで、部屋の使用目的を明確に区別しています。

主屋

入母屋造 妻入 本瓦葺 四方庇付  桁行15,860メートル 梁間12,928メートル

北角座敷

一部二階建 切妻造 本瓦葺 南・西・北面庇付  桁行8,911メートル 梁間5,970メートル

南角座敷

切妻造 本瓦葺 南・西・北面庇付  桁行11,867メートル 梁間7,910メートル

 

旧吉原家平面図.jpg
旧吉原家住宅主屋 見取り図

このページに関する問い合わせ先

教育委員会 生涯学習課 旧吉原家住宅
直通電話:0944-86-8333
ファクス番号:0944-86-8333

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等を聞かせください。

役に立った、見づらいなどの具体的な理由を記入してください。
寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。
なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。