メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 市政情報 > 寄附 > ふるさと納税 > 大川市ふるさと基金(ふるさと納税)

大川市ふるさと基金(ふるさと納税)

更新日:2021年07月02日


 ふるさと納税

 「ふるさと納税」は、生まれ故郷はもちろん、お世話になった地域、これから応援したい地域への寄附金です。 個人が2,000円を超える額の寄附を行った場合、寄附額のうち2,000円を超える部分について、一定の上限まで原則として所得税・個人住民税から控除されます。 
 控除を受けるためには、原則として、ふるさと納税をした翌年に確定申告を行う必要があります。 平成27年4月には、確定申告が不要な給与所得者等については、ふるさと納税先が5団体以内の場合に限り、ふるさと納税先団体に申請することにより確定申告不要で控除を受けられる手続の特例(ふるさと納税ワンストップ特例制度)が創設されました。

<参考情報 外部リンク>
総務省 ふるさと納税ポータルサイト
総務省 ふるさと納税など個人住民税の寄附金税制
 
大川市を応援してくださる皆さま、本当にありがとうございます。

「遠く離れたふるさとに思いを寄せる」あなたの気持ちが、ふるさとの力になります。
 
皆さまから持ちよっていただいた思いは、次のような施策に活用させていただきます。

 

ふるさと納税の使い道

皆さまからいただいた寄附金は、次代へ引き継いでいく豊かなまちづくりを実現するため、次の事業に活用させていただきます。

  • 使い道1





【学力向上のための事業】

 
 
将来の大川を担う子どもたちの可能性を伸ばす学力向上のための事業に活用します。
 
  

 

  • 使い道2


 


【移住・定住促進事業】
 

人を惹きつける魅力あるまちづくりを推進し、大都市圏や福岡都市圏などからの移住促進を図る事業に活用します。

   

 

  • 使い道3

 
 
 
  
【高齢者支援事業】

  
 
高齢者が住みなれた地域で、生きがいを持ち、いきいきと暮らせる環境づくりに活用します。
 
   

  

  • 使い道4


  
 
 
【子育て支援事業】
 
 
結婚から子育てに至るまで切れ目のない支援を充実させるとともに、子どもや子育てを地域全体で見守り、支援する環境づくりに活用します。
 

     

  • 使い道5




 産業振興のための事業】

 
大川市の基幹産業であるインテリア産業の底上げを図るとともに、伝統技術を継承する事業に活用します。
    
       
    

寄附金の活用状況

小学校教室へ空調設備を設置しました(平成29年度)

tsukaimichi_1s.jpg  tukaimichi_2s.jpg
使い道イラスト2


  
平成29年8月に市内のすべての小学校の教室に空調設備を設置しました。8校合計85台の設置費用の一部に、全国の皆様からいただいた「ふるさと納税」を活用させていただきました。
使い道イラスト1皆様からの貴重なご厚志により、子どもたちが、より健やかな学校環境の中で、充実した時間を過ごすことができるようになりました。
 


これまでに、ふるさと納税への寄附金を活用させていただいた事業は次のとおりです。

  事 業 名 金 額
平成22年度  学力の向上に資する事業
(数理の翼大川セミナー実行委員会補助)
500,000円
平成23年度  学力の向上に資する事業
(数理の翼大川セミナー実行委員会補助)
 高齢者支援事業
(生活支援バスの運行)
2,000,000円
平成24年度  学力の向上に資する事業
(数理の翼大川セミナー実行委員会補助)
1,000,000円
平成25年度  学力の向上に資する事業
(数理の翼大川セミナー実行委員会補助)
1,000,000円
平成26年度  学力の向上に資する事業
(数理の翼大川セミナー実行委員会補助)
1,000,000円
平成29年度  学力の向上に資する事業
(小学校普通教室への空調設備設置等)
79,000,000円
平成30年度  学力の向上に資する事業
(統合中学校建設等)
 子育て支援事業
(学童保育整備・不妊特定治療支援助成等)
285,000,000円
令和元年度  学力向上に資する事業
(統合中学校建設・小中学校情報通信ネットワー
 ク事業環境整備等)
 子育て支援事業
(保育料無償化支援・不妊特定治療支援助成・
 子育て支援総合施設整備等)
510,000,000円
令和2年度  学力向上に資する事業
(統合中学校建設・小中学校就学支援等)
 子育て支援事業
(保育料無償化支援・不妊特定治療支援助成・
 子育て支援総合施設整備等)
 高齢者支援事業
(生活支援バスの運行事業等)
608,000,000円
  • 数理の翼大川セミナー…数理科学に強い興味を寄せる高校生や大学生が全国から集うセミナーで、カリキュラムの中で市民への公開講座や参加者による大川の子ども達への講義なども行われます。
  • 生活支援バス…高齢者や障害者の交通手段を確保し、日常的な生活支援及び安否確認を図るため、市内を巡回するバスです。

 

このページに関する問い合わせ先

企画課 地方創生推進係
直通電話:0944-85-5573
ファクス番号:0944-88-1776(代表)

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等を聞かせください。

役に立った、見づらいなどの具体的な理由を記入してください。
寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。
なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。