メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 観光・産業 > 農業 > 農地取得の下限面積について

農地取得の下限面積について

更新日:2021年3月24日

農地の売買や贈与をするときは、農地法に基づき、農業委員会の許可を受ける必要があります。

許可の要件の一つに、権利を取得する者またはその世帯員等が耕作する農地の面積が50アール以上であること(下限面積要件)、というものがあります。

ただし、地域の実情を踏まえて、農業委員会が「別段の面積」を設定し、下限面積を引き下げることができることとなっています。

また、農業委員会は毎年、下限面積が適切かどうかを確認することとなっています。

大川市農業委員会では、令和3年3月の農業委員会総会において、現行の別段面積40アールについて審議を行い、次の通り決定しました。

区域:大川市全域
別段の面積:40アール(変更なし)

このページに関する問い合わせ先

農業委員会事務局 農業委員会係
直通電話:0944-85-5590
ファクス番号:0944-87-2124

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等を聞かせください。

役に立った、見づらいなどの具体的な理由を記入してください。
寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。
なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。