メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > よくある質問 > くらし・手続き > 重層的支援体制整備事業(おおかわふくまるネット)

重層的支援体制整備事業(おおかわふくまるネット)

更新日:2024年4月1日

重層的支援体制整備事業(おおかわふくまるネット)がスタートしました!

ふくまるマーク
重層的支援体制整備事業とは、社会福祉法の改正により令和3年度から新たに創設された事業です。                          
介護と育児のダブルケア、ひきこもりや8050問題など、地域住民の複雑化・複合化した
支援ニーズに対応するため、既存の高齢、障がい、子ども、生活困窮といった分野別の
支援体制の連携を強化し、制度の狭間でどこに相談すればいいか分からないというケース
もしっかりと受け止めて、関係機関間で支援の方向性を話し合い連携した支援の実施がで
きるよう、下記の5つの事業を通じて、生きづらさを抱える市民に寄り添った伴走支援を
行うことにより、地域共生社会の実現を目指します。


重層体制図

各事業内容の概要

包括的相談支援事業

高齢、障がい、子ども、生活困窮の各分野において実施されている既存の相談支援を一体として実施し、属性や世代を問わず包括的に相談を受け止め、必要な支援関係機関につなぎます。

多機関協働事業

従前の縦割りの仕組みでは対応困難な複雑化・複合化した支援ニーズを有するケースに対して、課題の把握や、各支援関係機関の役割分担、支援の方向性の整理を行います。

参加支援事業

既存の社会参加に向けた事業では対応できない、狭間・個別のニーズに対応するため、地域の社会資源を活用して社会とのつながり作りに向けた支援を行います。また、ひきこもり状態にある方への支援については、就労等だけでなく、広く社会参加を促していくことが重要であることから、居場所づくり等にも取り組みます(りらっくすぺーす、就労準備支援など)。

アウトリーチ等を通じた継続的支援事業

複合化・複雑化した課題を抱えているために必要な支援が届いていない人の情報をキャッチし、本人やその家族に対して家庭訪問等による働きかけを行い、それらの人と信頼関係を構築しながら必要な支援を行います。

地域づくり事業

高齢、障がい、子ども、生活困窮の各分野において実施されている既存の地域づくりに関する事業の取組を活かしつつ、世代や属性を超えて交流できる場や居場所等の環境整備を行います(ゆうゆう会、おおかわみらい食堂など)。



主役は市民のみなさんです。「悩みや相談があるけれどどうしたら良いかわからない」  

「地域の人たちとつながる機会がほしい」などお気軽にご相談ください。  
                   

重層的支援体制整備事業実施計画の策定

本市における重層的支援体制整備事業を適切かつ効率的に実施するため、社会福祉法第106条の5に基づき重層的支援体制整備事業実施計画を策定しました。
本実施計画には、事業の目的や提供体制、関係する主な支援機関などを記載しています。

このページに関する問い合わせ先

福祉事務所地域福祉係
直通電話:0944-85-5537
ファクス番号:0944-86-8483

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等を聞かせください。

役に立った、見づらいなどの具体的な理由を記入してください。
寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。
なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。