メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 健康・福祉 > 健康づくり > 熱中症に注意しましょう

熱中症に注意しましょう

更新日:2021年04月14日

熱中症とは、温度や湿度が高い状態にあるときに、体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節がうまくできなくなり、体内に熱がこもった状態をいいます。屋外だけではなく、室内でも起こることがあります。

今年の夏は、新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、これまでとは異なった生活環境となりますので、例年以上に熱中症に気を付けることが重要です。

夏の気温・湿度が高い中でマスクを着用すると、熱中症のリスクが高くなる恐れがあります。マスクを着用している場合には、強い負荷の作業や運動は避け、のどが渇いていなくてもこまめに水分補給を心がけるようにしましょう。

感染症予防を行いながら、熱中症対策を行うことを、これまで以上に心がけていきましょう。

 停電時の熱中症に注意しましょう

 夏季は、台風の影響により停電し、扇風機やエアコンが使用できない場合があります。このような状況の中では、熱中症の危険性が高まります。
 停電発生時の熱中症対策を知っておきましょう。

こまめに水分を補給しましょう

  • 室内でも外出時でものどの渇きを感じなくても、こまめに水分を補給しましょう。
  • 大量に発汗する状況では、経口補水液(水に食塩とブドウ糖を溶かしたもの)など、塩分等も含んで補給しましょう。

室内でも熱中症対策をしましょう

  • 遮光カーテン、すだれ、打ち水などを利用しましょう。
  • 向き合う窓を開けるなど、風通しをよくしましょう。

外出時の熱中症対策を行いましょう

  • 日傘や帽子を利用しましょう。
  • 日陰などを利用し、こまめな休憩を取りましょう。
  • 天気の良い日は、日中の外出をできるだけ控えましょう。

体の蓄熱を避けましょう

  • 通気性の良い、吸湿性・速乾性のある衣服を着用しましょう。
  • 保冷材、氷、冷たいタオルなどで体を冷やしましょう。

 

関連リンク

このページに関する問い合わせ先

健康課 健康推進係
直通電話:0944-86-8450
ファクス番号:0944-86-8464

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等を聞かせください。

役に立った、見づらいなどの具体的な理由を記入してください。
寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。
なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。