メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > くらし・手続き > 国民健康保険 > 受けられる給付 > 入院時の食事代

入院時の食事代

更新日:2021年01月26日

入院した時(療養病床に入院する65歳以上の人を除く)の食事代は、1食460円を自己負担、残りは食事療養費として国民健康保険が負担します。市民税非課税世帯の人は、申請により交付される「限度額適用・標準負担額減額認定証」を医療機関に提示することで、医療機関窓口での負担が下記の負担額までで済むようになります。

70歳未満の人

区分食事代(1食につき)
一般(課税) 460円
非課税世帯 過去12ヵ月の入院日数が90日以内 210円
非課税世帯 過去12ヵ月の入院日数が91日目以降 160円

70歳以上の人

 区分食事代(1食につき)
 現役並み所得者(課税) 460円
 一般(課税) 460円
非課税世帯 低所得者II 過去12ヵ月の入院日数が90日以内 210円
非課税世帯 低所得者II 過去12ヵ月の入院日数が91日目以降 160円

非課税世帯 低所得者I(注)

100円

(注)同一世帯の世帯主および国民健康保険の加入者全員が住民税非課税で、所得0円(年金を受給している人は年金収入80万円以下)の世帯

手続きに必要なもの

  • 身分証明書(マイナンバーカード、保険証等)
  • 印かん
  • 入院時の領収書
  • 世帯主名義の通帳

療養病床に入院する65歳以上の人の食事代・居住費

65歳以上の人で、療養病床に入院したときは、食費と居住費の一部を次によりお支払うこととなります。

区分1食当たりの食費1日当たりの居住費
一般(下記のいずれにも該当しない方)   460円(注)

 

370円

(平成29年9月以前320円)

 

低所得者II 210円 370円
低所得者I 130円 370円
低所得者I(老齢福祉年金受給者) 100円 0円

(注)保険医療機関の施設基準により、420円の場合もあります。

このページに関する問い合わせ先

市民課 国保年金係
直通電話:0944-85-5503

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等を聞かせください。

役に立った、見づらいなどの具体的な理由を記入してください。
寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。
なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。