メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 子育て・教育 > 妊娠・出産 > 伴走型相談支援及び出産・子育て応援給付金

伴走型相談支援及び出産・子育て応援給付金

更新日:2024年04月08日

令和5年2月より、すべての妊婦・子育て家庭が安心して妊娠・出産・子育てができるように、妊娠期から出産・子育て期まで一貫して相談・支援を行う「伴走型相談支援」と、出産育児用品の購入や子育て支援サービス利用の負担軽減を図る「経済的支援」を一体的に実施します。
対象者の方には、個別通知を郵送もしくは妊娠届出時、乳児家庭全戸訪問時にご案内いたします。

伴走型相談支援

妊娠期

妊娠届出時に保健師・助産師等が面談を行い、妊娠・出産についてのご相談に応じます。

妊娠8か月頃

妊娠7~8か月頃に大川市公式LINEまたは郵送にてアンケートを送付します。希望者には面談を行い、必要に応じてサービスの紹介や相談支援等を行います。

出産・産後

乳児全戸訪問時(生後2か月頃)に乳児家庭訪問員、保健師、助産師等が面談を行い、産後のご相談に応じます。

産後の育児期

モッカくらぶ(母子手帳アプリ)を活用し子育て支援やイベントに関する情報発信を行い、随時子育てに関するご相談に応じます。

出産・子育て応援給付金

給付対象者(申請できる方)

  1. 出産応援ギフト(妊娠届出後の給付 5万円)
    妊娠届を提出した妊婦
  2. 子育て応援ギフト(出産後の給付 子ども一人あたり5万円)
    出産された方(養育者が異なる場合はお子さんを養育する方)

注:どちらの給付金も所得による制限はありません。

申請時期・申請方法

給付を受けるためには、申請が必要です。
申請書は妊娠届の提出日や出産された日に応じて次の通り対象者へ交付しますので、届き次第申請してください。

出産応援ギフト

妊娠届の面談実施後に出産応援ギフト5万円を支給します。妊娠届出時に申請についてご案内します。

子育て応援ギフト

出産後、乳児家庭全戸訪問(生後2か月頃)の面談実施後に子育て応援ギフトを子ども一人あたり5万円支給します。乳児家庭全戸訪問時に申請についてご案内します。

給付金の受け取り方法

申請時に指定された銀行口座に給付金を振り込みます。

申請書に必要なもの

郵送での申請の場合、以下の書類のコピーが必要となります。面談時に申請する場合にも同様の書類が必要となりますので、ご準備いただきますようお願いいたします。

  1. 本人確認ができる公的身分証明書(運転免許証、マイナンバーカード等)
  2. 申請者(妊産婦)の名義の振込先が分かるものの写し(通帳、キャッシュカード等)

このページに関する問い合わせ先

モッカランド おやこ保健係
住所:〒831-0031 福岡県大川市大字上巻387番地
直通電話:0944-32-8584
ファクス番号:0944-87-8801

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等を聞かせください。

役に立った、見づらいなどの具体的な理由を記入してください。
寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。
なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。