メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 教育委員会 > 歴史・文化 > 文化財 > 国指定文化財 > 旧筑後川橋梁(筑後川昇開橋)(きゅうちくごがわきょうりょう(ちくごがわしょうかいきょう))

旧筑後川橋梁(筑後川昇開橋)(きゅうちくごがわきょうりょう(ちくごがわしょうかいきょう))

更新日:2016年07月20日

旧筑後川橋梁(筑後川昇開橋)

種別
建造物

指定年月日
平成15年5月30日

所在地
大川市大字向島字四ノ割地先

概要
 旧筑後川橋梁(筑後川昇開橋)は、国鉄佐賀線の鉄道橋として昭和10(1935)年に完成した、現存する最古の昇開式可動橋です。全長は507.2mで、大型船が通るとき橋の中央部の鉄橋を23m持ち上げることができる可動橋(昇開橋)です。当時は船が主要輸送機関であり、近くに港もあるため、大型船の往来も激しかったのですが、普通の橋では有明海の干満の影響が大きく、大型船が通れないこともあったため、このような可動橋が作られました。昭和62(1987)年に国鉄佐賀線が廃線となった後に解体も検討されましたが、平成8(1996)年4月に遊歩道として復活しました。

 

このページに関する問い合わせ先

教育委員会 生涯学習課 文化・社会・人権・同和教育係
直通電話:0944-85-5618
ファクス番号:0944-86-8479

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等を聞かせください。

役に立った、見づらいなどの具体的な理由を記入してください。
寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。
なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。