メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 観光・産業 > 農業 > 大川市の農業の概要

大川市の農業の概要

更新日:2019年06月13日

大川市の農業

 大川市は有明海に注ぐ筑後川の最下流に位置し、沖積層の重粘土質の土壌で、海抜5m以下の低湿地です。
 以前から零細農家が大部分を占める農業地域で、現在でも1農業経営体あたりの経営面積は約1.2haと
県、南筑後地区の平均以下です。これに対し、先人たちは、小規模経営でありながら、米づくりを中心に、い草
、いちご等を組み合わせた農業経営で活路を見いだしてきました。
 今日では、いちご+水稲、アスパラガス+水稲など、施設野菜を主とした高収益型の複合経営が本市農業の特色です。

  大川市の具体的な作物面積等のデータを参照される場合は農林水産省の下記リンクからご覧ください。

関連リンク

このページに関する問い合わせ先

農業水産課 農政係
直通電話:0944-85-5587
ファクス番号:0944-87-2124

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等を聞かせください。

役に立った、見づらいなどの具体的な理由を記入してください。
寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。
なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。