メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 観光・産業 > 工業振興 > 融資 > セーフティネット保証4号【新型コロナウイルス感染症】

セーフティネット保証4号【新型コロナウイルス感染症】

更新日:2021年03月08日

中小企業信用保険法第2条第5項第4号の規定による認定について

新型コロナウイルス感染症により、福岡県がセーフティネット保証4号の地域指定を受けたことに伴い、本市においてセーフティネット保証4号の認定を行います。


 
 ■セーフティネット保証制度(4号)の概要 
  突発的災害(自然災害等)により経営の安定に支障を生じている中小企業者への資金供給の円滑化を図るため、都道府県から要請があり国として指定する必要があると認める場合に、信用保証協会が通常の保証限度額とは別枠で借入債務の100%を保証する制度です。
 
【参考】 中小企業庁ホームページ〈外部リンク〉


■指定期間  
 令和2年2月18日から令和3年6月1日まで (令和3年2月26日官報 第440号 経済産業省告示第二十三号)
 指定期間は3か月ごとに調査の上、必要に応じて延長されます。
 (指定期間とは、認定申請をすることができる期間をいいます。) 
 

対象となる中小企業者

(1)指定地域において1年以上継続して事業を行っていること。
(2)災害の発生に起因して、当該災害の影響を受けた後、原則として最近1か月の売上高等が前年同月に比して20%以上減少しており、かつ、その後2か月を含む3か月間の売上高が前年同期に比して20%以上減少することが見込まれること。  

  
【創業者等認定基準の緩和】
 業歴3か月以上1年1か月未満の事業者の方や、前年以降店舗増加等により単純な売上高等の前年比較では認定が難しい方でも、新型コロナウイルス感染症の影響を受けている場合には、認定対象となることがありますので、個別にご相談ください。 


【売上減少要件の緩和】令和3年1月6日更新
 足下の新型コロナウイルスの感染拡大等を踏まえ、GoToキャンペーンの一時停止や売上高の変動等の影響を受けている事業者について、「最近1か月」の売上高が前年同期に比して増加しているため比較が適当ではない事業者については、現行の「最近1か月」の売上高の対前年同月比の比較に加え、「最近6か月平均」の売上高の対前年同期の比較でも申請することが可能となりました。
 また、これに伴い必要書類の追加を行いました。
 
   

認定の手続きについて

必要書類をそろえて大川市役所2階インテリア課へお越しください。


 

必要書類

1.認定申請書         (word形式)  (PDF形式)  2通 
2.売上高及び売上見込み明細表 (word形式)  (PDF形式)  1通 
3.月別売上表の内容が確認できる書類(月次試算表・損益計算書・売上台帳等)
 
 
  売上減少要件の緩和を希望される場合は、1から3の必要書類に加え、以下の平均売上高計算書(売上減少要件緩和用)と対象月の売上高が確認できる資料(試算表や売上台帳等)をご提出ください。

 平均売上高計算書(売上減少要件緩和用)  (Excel形式) (PDF形式)  1通

このページに関する問い合わせ先

インテリア課 木工振興係
直通電話:0944-85-5582
ファクス番号:0944-88-1776(代表)

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等を聞かせください。

役に立った、見づらいなどの具体的な理由を記入してください。
寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。
なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。