メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 観光・産業 > 雇用・労働 > 【事業主の皆様へ】最低賃金引上げ支援について

【事業主の皆様へ】最低賃金引上げ支援について

更新日:2022年05月12日

 

「令和4年度業務改善助成金(通常コース)」のご案内 

制度概要

  業務改善助成金は、中小企業・小規模事業者の生産性向上を支援し、事業場内で最も低い賃金
 (事業場内最低賃金)の引上げを図るための制度です。 生産性向上のための設備投資等(機械設備、
  コンサルティング導入や人材育成・教育訓練)を行い、事業場内最低賃金を一定額以上引き上げた
  場合、その設備投資などにかかった費用の一部を助成します。

  
  申請期限は令和5年1月31日まで 
コース区分  引き上げる
労働者の数
助成
上限額
助成対象
事業場 
 30円コース    1人  30万円  以下の2つの要件を
満たす事業場

 
事業場内最低賃金と
地域別最低賃金の
差額が30円以内
 
事業場規模100人以下 
2~3人  50万円 
4~6人  70万円 
7人以上  100万円 
10人以上 120万円

 45円コース
1人 45万円
2~3人 70万円
4~6人 100万円
7人以上 150万円
10人以上 180万円
60円コース    1人  60万円 
 2~3人 90万円 
4~6人  150万円 
 7人以上 230万円 
10人以上 300万円
90円コース     1人  90万円 
 2~3人 150万円 
4~6人  270万円 
7人以上  450万円 
10人以上 600万円

  詳しくは、業務改善助成金について(外部サイト:厚生労働省ホームページ)をご確認ください。

  

業務改善助成金(特例コース)のご案内

 制度概要 

  「業務改善助成金特例コース」とは、新型コロナウイルス感染症の影響により、売上高等が30%以上
   減少している中小企業事業者が、令和3年7月16日から令和3年12月31日までの間に、事業場内最低
   賃金(事業場で最も低い賃金)を30円以上引き上げ、これから設備投資等を行う場合に、対象経費の
   範囲を特例的に拡大し、その費用の一部を助成するものです。

   ㊟賃金引き上げ額が30円に満たない場合でも、申請時までに遡って追加の引き上げを行い、当該差額
    が支払われた場合は、当該要件に該当するものと取り扱われます。

助成額・助成率

助成額 助成率
最大100万円 3/4
対象経費の合計額×補助率3/4

申請期限

  令4年7月29日(金曜日)


  詳しくは、業務改善助成金特例コース(外部サイト:厚生労働省ホームページ)をご確認ください。 
  
 

お問い合わせ・申請先

 

  業務改善助成金コールセンター  電話 0120-366-440(受付時間 平日8時30分から17時15分)
 
         
 
【相談窓口】
   ・最低賃金及び賃金引上げのための業務改善に関するご相談
    福岡働き方改革推進支援センター  電話 0800-888-1699              

   ・支援事業に関するご相談(申請先)
    福岡労働局雇用環境・均等部企画課  電話 092-411-4717

 

関連リンク

このページに関する問い合わせ先

インテリア課 木工振興係
直通電話:0944-85-5582
ファクス番号:0944-88-1776(代表)

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等を聞かせください。

役に立った、見づらいなどの具体的な理由を記入してください。
寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。
なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。