メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > くらし・手続き > ごみ > ごみ減量化

ごみ減量化

更新日:2015年03月24日

清掃センターに粗大ごみとして搬入されるタンス、テーブルなどの木製品、剪定枝木は、今まで焼却していましたが、現在は燃やさずに再資源化しています。いずれも人力で解体・分別し異物を取り除き、ボード、製品の原材料やチップに生まれ変わっています。

また、ごみ減量化を進めるためには、生ごみの自家処理がたいへん重要です。大川市では、ごみ減量化のためさまざまな取り組みを行っています。

生ごみ堆肥化

ダンボールコンポスト

ダンボールを利用し生ごみを堆肥にするコンポストを紹介します。簡単に作ることができますので、ぜひ挑戦してみて下さい。

ダンポールコンポストの特徴

  1. 臭いが少ない
  2. 水分調整が簡単であり、初心者でも失敗が少ない!!
  3. ベランダでできる(集合住宅)

ダンポールコンポストのやり方(PDF:3.2MB)

ダンポールコンポストを通じたごみ減量推進活動

  • 生ごみ堆肥化を通じて市内の各種団体と協働し、ごみ減量・3R推進を図っています。

過去に行った活動です。

  • 大野島小学校エコレンジャー(大野島小学校)
  • 生ごみ堆肥で野菜づくり(あそか保育園)
  • 小さな桜守(風浪宮保育園)
  • 街路樹へ施肥(上巻老人会)

活動概要は「ダンボールコンポストで3R推進」(PDF:9,164KB)をご覧ください。

  • 親子生ごみダンポールコンポスト教室

夏休みの自由研究の手助けに、また親子のふれあいに、親子生ごみダンポールコンポスト教室を開催しました。


設置型コンポスト

設置型コンポストのやり方(PDF:10.7MB)

 

ごみ減量地元説明会

「まぜればごみ わければ資源」
平成19年度から延べ230回の地元説明会を行い、「まぜればごみ わければ資源」と題して資源ごみの分別の仕方、生ごみの分別の仕方、環境にやさしい生活の実践を推奨しています。

生ごみば、入れん!!宣言袋

生ごみを自家処理し、生ごみを燃やせるごみに出さない市民の方を対象に「生ごみば、入れん!!宣言袋」を無料で配布しています。
「生ごみば、入れん!!宣言袋」は生ごみや資源ごみは入れられませんが、それ以外の燃やせるごみを入れて「大川市指定袋(燃やせるごみ用)」と同様に燃やせるごみの日に出すことができます。
生ごみの自家処理を継続的に取り組んでいただき、ごみ減量化を推進していきます。

生ごみば、入れん!!宣言袋

生ごみば、入れん宣言袋

生ごみ減量・ひとしぼり宣言

生ごみの自家処理ができないご家庭では、「生ごみ減量・ひとしぼり宣言」をお願いしています。

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

環境課 業務係
直通電話:0944-87-6789
ファクス番号:0944-86-6690

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等を聞かせください。

役に立った、見づらいなどの具体的な理由を記入してください。
寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。
なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。