メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 健康・福祉 > 医療 > インフルエンザの流行について(警報)

インフルエンザの流行について(警報)

更新日:2019年01月28日

インフルエンザが流行しています

 福岡県におけるインフルエンザの1定点医療機関当たりの1週間の患者報告数が30人を超え、大きな流行が発生又は継続しつつある状況です。今後もインフルエンザの流行が続くことが予想されますので、手洗いの励行、咳エチケット(マスクの着用)等の徹底などの予防啓発にご協力くださいますようお願いします。

インフルエンザの感染予防のポイント

  1. 日頃から、外出後には手洗いの励行に努めましょう。
  2. 十分な休養、バランスのとれた栄養摂取など体調管理をしっかり行い、体力や抵抗力を高めましょう。
  3. 加湿器などを使って適切な湿度(50~60%)を保つことが効果的です。
  4. インフルエンザワクチンによる予防接種は、感染後に発病する可能性を減らし、重症化を予防する効果が期待できます(効果が現れるまでに2週間程度の期間を要します)。
  5. インフルエンザが流行してきたら、特に高齢者や基礎疾患のある方、妊婦、体調の悪い方、睡眠不足の方は、人混みや繁華街への外出を控えましょう。

インフルエンザに感染したら

  1. 38℃以上の急な発熱や全身の倦怠感などの症状が現れた場合には、早めに医療機関を受診しましょう。
  2. 安静にして、休養をとりましょう。
  3. 水分を十分に補給しましょう。
  4. 咳・くしゃみの際にはティッシュなどで口と鼻を押さえ、周りの人から顔をそむけるなどの「咳エチケット」に努めましょう。
  5. 人混みや繁華街への外出を控え、無理をして学校や職場に行かないようにしましょう。

関連リンク

このページに関する問い合わせ先

健康課 健康推進係
直通電話:0944-86-8450
ファクス番号:0944-86-8464

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等を聞かせください。

役に立った、見づらいなどの具体的な理由を記入してください。
寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。
なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。