メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 市政情報 > 市長室へようこそ > 寄せられた市長への手紙 > 平成30年度に寄せられた手紙 > 市役所駐車場内の花壇の設置について

市役所駐車場内の花壇の設置について

更新日:2019年06月03日

平成30年度中に寄せられた「市長への手紙」のうち、差出人から了承をいただいたもののみ掲載しています。
手紙の内容は、原文のまま掲載させていただきます。

手紙の内容

 大川の玄関である市役所駐車場内のいちょう通り歩道沿いの植木等を撤去し、花壇を設置し、そこにみんなで季節の花を育ててみてはいかがですか。
【花の効果】
・市民や市外から訪れる人々に潤いと癒しを与え、街が彩り、街が華やか、心も豊かになり、季節を感じ、歩く人も増え、大川が「よい街だな」と思われる。
(工場からの煙や騒音、クリークのごみ・臭い等生活環境に悩まされており、少しでも良くしたい。)
【財源】
・市税である軽自動車税の対象となっているフォークリフトの多くは届けがないのではないかと思われる?(ナンバーがついていない?)仮定であるが、条例で定める5,900円を100台分課税すると、5,900円/台×100台=590千円の歳入が見込め、この財源を充てる。

回答

 市長への手紙をいただき、誠にありがとうございました。
 
 市役所駐車場内の植栽を撤去し花壇を設置することについては、既存の植栽もあり、今後の駐車場の改修時に併せて検討させていただきます。
 財源についてのご提案の件ですが、フォークリフトは規格に応じて大型特殊自動車と、小型特殊自動車に区分されます。軽自動車税の対象となるのは、小型特殊自動車です。大型特殊自動車は、自動車税や軽自動車税の課税対象ではありません。大型特殊自動車が、公道を走行する場合はナンバープレートを設置しなければなりませんが、公道以外で使用する場合は、設置義務はなくナンバープレートが設置されていないものもあると思われますので、ナンバープレートが設置されていないため課税がなされていないとは、一概にいえないようです。
  軽自動車税の対象である小型特殊自動車については、今後とも適切に賦課処理を行うため課税対象の把握として新規登録、廃車手続き等の届出に関しましては、必ず税務課にて手続きをしていただくよう市報等で周知徹底を図ってまいります。
 
 貴重なご意見、ありがとうございました。
 

このページに関する問い合わせ先

総務課 庶務係
直通電話:0944-85-5562
ファクス番号:0944-88-1776

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等を聞かせください。

役に立った、見づらいなどの具体的な理由を記入してください。
寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。
なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。