メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > くらし・手続き > 手続き > 申請書類等への押印の見直しについて

申請書類等への押印の見直しについて

更新日:2022年03月28日

 押印見直しの目的

   大川市では、手続きの簡素化や利便性向上のため、証明書や補助金等の各種申請、届出手続における押印の見直しを行いました。
 見直しの結果、押印を義務付けている書類のうち約9割の書類で押印不要となり、記名や署名のみでの手続きが可能となります。
 ただし、記名で可能な手続きと、署名を基本とし、記名の場合は押印が必要な手続きがあります。
 各手続きの詳細は、各担当部署にお問い合わせください。

用語の意味

記名とは・・・・自分の氏名を手書き(自署)するのではなく、印刷・ゴム印・代筆等により氏名を記すことです。

署名とは・・・・自分の氏名を手書き(自署)することです。


  記名のみでよい書類一覧(PDF)
 
  署名又は記名押印でよい書類一覧(PDF)

 

このページに関する問い合わせ先

総務課 庶務係
直通電話:0944-85-5562
ファクス番号:0944-88-1776

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等を聞かせください。

役に立った、見づらいなどの具体的な理由を記入してください。
寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。
なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。