メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 市政情報 > 市長室へようこそ > 市長のplus+1 > 市長のplus+1 8月

市長のplus+1 8月

更新日:2019年8月21日

 みなさま、こんにちは。大川市長の倉重良一です。  
 史上最も遅い梅雨入りとなった今年、梅雨明け(7月24日)直前の21日に線状降水帯による大雨があり、明け方から降り続いた雨は、市内各地で冠水を起こしました。普段はあまり浸水しない地域も今回の雨で浸水した所が出たほどで、改めて、これまでの経験では測れない気候になったことを思い知らされました。
 同日は、参議院議員選挙の日でもありましたが、大雨の影響もあり、39.5%と極めて低い投票率となりました。最近は期日前投票に行かれる方が多いのですが、今回は、期日前投票も直近の統一地方選挙等に比べると低調でありました。参議院は、中々身近に感じることができない存在だとも言われますが、一人一人の意思が社会を作り続けることを認識していただけるような様々な取り組みの必要性を感じました。
 また、8月15日には大型の台風が四国から中国地方に上陸しました。本市では大きな被害は発生しなかったものの、里帰り中の方をはじめ多くの方の交通等に支障が出たことと思いますし、何より被災地域の方々には心よりお見舞いを申し上げます。 その台風の影響により、毎年開催されていた福岡県戦没者追悼式が中止となりました。私も毎年参加していますが、今年は、正午に市長室から黙祷を捧げるに留まりました。戦後74年経っても戦禍の傷は癒えませんが、改めて、今日の平和と繁栄を享受できるのは、命を懸けて戦っていただいたご英霊、戦時下・戦後の苛烈な状況の中で力を尽くしていただいた先達のおかげであると認識し、この平和と繁栄を次の世代に渡すのが我々世代の役目であると心を新たにしました。
 縦割り主義で組織内に情報と目標が共有されていなかったこと、西洋列強に追いつこうとするあまり子どもの頃からのエリート軍人教育に多様性を排除したこと、外国の文化・経済の正しい理解不足、などなど私たちが暮らす現代社会においても、先の敗戦が残した教訓はたくさんあります。日々の行政運営においてもそれらの教訓を胸に刻むことでより良い未来を作っていきたいと思います。

 さて、この夏は、若い人たちの国際交流が盛んでした。台湾、香港、アメリカから10代・20代の学生のみなさんが大川に滞在され、企業や公共施設でのインターンや市民の方との触れ合いによって、外国において決して知名度が高いとは言えない大川を知っていただく機会となりました。みなさん一様に「大川の人たちは親切で優しかった」と言ってくださり、好印象を持って帰国されていきました。これも、期間中お世話していただいた方やお祭り等で触れ合った市民の方々のおかげです。今後、外国から訪問される方も増えていくと思われますが、言葉は通じなくても市民のみなさんの心でおもてなしをしていだければと思います。  
 また、大川からも、小中高生がJC未来人スクールにおいて台湾に、ライオンズクラブやロータリークラブの活動で豪州に、それぞれ出向き、イタリアから1年間の留学を終え大川に戻ってきた高校生など相互に行き来、異なる文化を学んできてくれたことと思います。  
 若い時期に、異なる文化を学ぶことは大変重要だと思います。私は、義務教育において外国語を学ぶ意義は、外国語を話し・読み・書きできるようになること以上に、文法や語源、言い回し等の違いを通して考え方の異なる人々が地球上に共に生きていることを知ること、そして、外国と日本を比較し、その違いから日本や故郷への理解を深めることにあるのではないかと思います。特に、若いうちに様々な形で外国との触れ合いを増やしてほしいと願います。  
 外国からのインターンの学生さんたちも楽しんでもらった、大川市民夏まつりも例年以上にたくさんの人出で盛り上がりました。今年は、国際医療福祉大学とともに中原交差点から東町交差点までを歩行者天国にして会場となりましたが、いずれもたくさんの子どもたちで賑わいました。相当の人出で、動線の問題など新たな課題もありましたが、来年以降さらに盛り上がるよう市としても努力してまいりたいと思います。  
 子どもたちの夏休みもあとわずか。市民のみなさまにおかれましては、夏バテのないよう、楽しく元気にお過ごしくださいますよう!

 

  • IMG_8629.JPGの画像

    香港からの留学生

  • IMG_7716.JPGの画像

    大川ロータリークラブ交換留学生

  • IMG_8220.JPGの画像

    大川市民夏まつり

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等を聞かせください。

役に立った、見づらいなどの具体的な理由を記入してください。
寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。
なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。