メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > くらし・手続き > 下水道 > 助成金制度

助成金制度

更新日:2015年10月20日

下水道供用開始区域内における水洗化の普及促進を図るため、水洗トイレの排水管等の工事を完了したとき、市が助成金を交付します。

助成金交付の対象

  

公共下水道への接続が対象となります。合併浄化槽への切り替え工事等は対象となりません。(下水道認可区域外における浄化槽補助制度はこちらをご覧ください)

  • くみ取り便所を水洗トイレに改造し、又は既設のし尿浄化槽を廃止して公共下水道に接続するための切替え工事を行ったもの 
  • 下水道受益者負担金を滞納していないこと 
  • 供用開始の告示の日から3年以内に工事が完了すること

助成金額

一般住宅・店舗・分譲マンション等

支給対象の期限助成金額
3年以内に改造工事を完了した場合 5万円
  • 分譲マンション、及び土地建物を個々に所有されている長屋住宅や店舗については、所有者ごとに助成金を交付します。

アパート等

支給対象の期限助成金額
3年以内に改造工事を完了した場合 4万円+1万円×世帯数

世帯数の算定事例

  • 1つの建物にアパート・店舗があり、排水設備がそれぞれに設置されている場合、アパートの部屋数、店舗数の合計を世帯数と算定します。
  • 同一敷地内の複数の建物(アパート・貸し店舗)等に排水設備がそれぞれに設置されている場合、1棟ごとにアパートの部屋数、店舗数の合計により助成金を算定します。
  • 賃貸マンション、寮については、部屋数の合計を世帯数と算定します。
  • ホテル、旅館、病院、福祉施設については、棟ごとに建物の建築階数を世帯数と算定します。
  • 雑居ビルで、トイレ・給湯室等が共用されている場合、建物の建築階数を世帯数と算定します。

助成金の申請

  • 排水設備工事の申請の際に、「水洗便所等改造工事助成金交付申請書」の提出が必要です。
  • 申請書の作成及び提出は大川市が定めた下水道排水設備指定工事店が代行します。

助成金の交付

  • 完了検査終了後、市より申請者に交付します。

このページに関する問い合わせ先

上下水道課 庶務・下水道普及係
直通電話:0944-85-5547
ファクス番号:0944-87-2108

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等を聞かせください。

役に立った、見づらいなどの具体的な理由を記入してください。
寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。
なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。