メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > くらし・手続き > こんなときには > 妊娠・出産 > 妊婦健康診査

妊婦健康診査

更新日:2017年04月03日

妊娠中は、普段よりも健康に気をつけなければなりません。特に気がかりなことがなくても、身体にはいろいろな変化が起こっています。特に、妊娠中に起こりやすい貧血、妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病などの病気は、赤ちゃんの発育に影響することがあります。定期的に健康診査を受け、病気などを早期に発見し、早期に治療することがとても大切です。
また、妊娠中に1回、妊婦歯科健康診査を受けることができます。

妊婦健康診査を受けるときには

大川市では、妊娠から出産の前までに行う妊婦健康診査に対する助成を計14回実施しています。 受診の際は妊婦健康診査補助券を必ず医療機関または助産所に提出してください。補助券は福岡県、佐賀県、熊本県、大分県の医療機関および福岡県内の助産所で使用できます。
なお、里帰り出産などで福岡県、佐賀県、熊本県、大分県以外の県外医療機関で受診する人は、助成手続きの関係上、必ず事前に市保健センターまでご連絡ください。

注:妊婦健康診査がすべて無料というわけではなく、助成対象以外の健診項目等については有料(自己負担)となります。

妊婦健康診査の受診時期

  • 妊娠23週以前…4週間に1回
  • 妊娠24週から35週…2週間に1回
  • 妊娠36週以降…1週間に1回

このページに関する問い合わせ先

健康課 健康推進係
直通電話:0944-86-8450
ファクス番号:0944-86-8464

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等を聞かせください。

役に立った、見づらいなどの具体的な理由を記入してください。
寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。
なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。