メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 健康・福祉 > 高齢者支援 > 認知症支援 > あんしん声かけ訓練

あんしん声かけ訓練

更新日:2015年03月17日

 市では認知症になっても安心して暮らせるまちの実現を目指し、認知症の人とその家族を地域で支える取り組みを進めています。

 その取り組みの一つとして、平成26年11月に認知症の人が徘徊により行方不明になった場合を想定し、地域ぐるみで認知症徘徊者の安全確保と事故防止を図る「声かけ訓練」を実施しました。

 今後、この訓練を市内各地域へ拡大していくとともに、認知症サポーター養成講座の実施などの啓発の取り組みを推進していきます。


訓練の手順

1

参加者は認知症サポーター養成講座を受講し、認知症の人へ声をかけるときのポイント等について学習します。

 図1

2

受講後、徘徊者役の氏名や服装などの特徴を発表します。

参加者は地域に出て徘徊者役を探し、見つけたら、講座で学んだ声かけのポイントを思い出して実践します。

 図2

3

実践をした後、公民館等で反省会をします。

 

 図3

このページに関する問い合わせ先

健康課 高齢者支援係
直通電話:0944-85-5524
ファクス番号:0944-86-8485

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等を聞かせください。

役に立った、見づらいなどの具体的な理由を記入してください。
寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。
なお、寄せられた意見等への個別の回答は、行いません。

このアンケートフォームは暗号化に対応していないため、個人情報等は入力しないでください。